プラグイン

【Google XML Sitemaps】でサイトマップを簡単に作成する方法

Googleが提供している「Google XML Sitemapsをご存知でしょうか?

サイトマップを作成することで、あなたのサイトにどんなページがあるのかを、クローラーを使ってGoogleに知らせることができます。

その結果、Googleの検索結果に表示してもらえるようになります。

検索上位表示してもらうには、必ずこの作業は必要になりますので順を追って説明していきます。

【アクセス解析ツール】Googleアナリティクスの導入方法ブログの解析には、「Googleアナリティクス」を導入しましょう。このページでは、Googleアナリティクスの導入手順を解説していますので、まだお済みでない方は参考にしてみてください。...
ワードプレステーマ【JIN】便利な機能や魅力についてまとめてみたWordPressテーマ「JIN(ジン)」を2ヶ月使ったので、現段階でのレビューをしていくページです。【JINの素晴らしい機能】を紹介していますので、「JIN」を検討されている方は参考にしてみてください。...

クローラー巡回の必要性

Googleは、「クローラー」によってあなたのサイトを巡回し、更新した記事などを見つけます。

逆に、記事を更新してもクローラーに巡回してもらえないと検索結果に表示されることはありません。

ですから、クローラーがあなたのサイトを巡回しやすいように環境を整える必要があります。

RYO
RYO
それでは、クローラーに巡回してもらうためにまずは「sitemap.xml」の作成をします。

sitemap.xmlを作成する意味とは

sitemap.xmlとは、あなたのサイトの全ページ(画像や動画を含む)をXML形式のファイルで管理し、クローラーが巡回できる状態にすることです。


このように、sitemap.xmlを用意してあげることで、クローラーはサイト内の記事更新などを発見することができるようになり、検索結果に表示してもらえる状態になります。

 

sitemap.xmlの作成方法

サイトマップ作成には、手動で作成する方法と、WordPressを使用しているのであれば、Googleが提供している「Google XML Sitemaps」で自動作成する方法があります。

サイトマップを手動で作成するのは大変なので、今回はGoogle XML Sitemapsを使って作成していきます。

RYO
RYO
WordPressの場合は簡単に自動作成がおすすめ!

Google XML Sitemaps」のインストール

まずは、Google XML Sitemapsにアクセスしてください。

  1. 右下にある「ダウンロード」をクリックします。
  2. ダウンロードしたファイルをzip形式にしておきます。

 

プラグインのアップロード

  1. ダッシュボードから→「プラグイン」→「新規追加」と進みます。
  2. 上の「プラグインのアップロード」をクリックします。

 

  1. ファイルを選択」をクリックして先ほどのzipファイルを選択します。
  2. 今すぐインストール」をクリックします。

 

Google XML Sitemaps」を設定する

ダッシュボード左下の「設定」→「XML-sitemap」と進めます。

基本的な設定

投稿の優先順位

サイトマップファイルの場所

sitemap コンテンツ

更新頻度の設定

優先順位の設定

上記画像のように設定を変更しましょう。

RYO
RYO
設定が終わったら「サイトマップを再構築する」をクリックして、最後に「設定を更新」をクリックしておきましょう。

 

終わりに

これでサイトマップの作成は完了です。

「Google XML Sitemaps」の最新のバージョン4.0.9は、2018年9月12日現在インデックスされない不具合が発生するようなので、旧バージョンの3.4.1で説明しています。

旧バージョンの3.4.1のダウンロードは、こちらからダウンロードできます。

画面下の「Development Version」からダウンロードしたいバージョンが、選択できます。

ABOUT ME
RYO
仕事漬けの毎日に嫌気がさして、ストレス解消の一環として始めた趣味ブログをキッカケに、ブログの世界にハマった男! 現在は、更に上を目指すべく日々奮闘中! ■フォローしてくれると嬉しいです■