SEO対策

【SEO対策】内部リンクの重要性と貼り方について知っておこう!

こんにちは、RYO(Twitter)です。

Googleの検索エンジンで上位表示を狙っていくために重要となるのが内部リンクです。

内部リンクを施策しているのと、していないのではクローラーの巡回に大きな差が出ます。

正しく内部リンクを貼ることによってSEO対策にもなるので、まだされていない方はこの記事を読んだあとに実践してみましょう。

この記事の内容
  • 内部リンクとは
  • 内部リンクを貼ることにより得られる効果
  • 内部リンクを正しく貼る方法

上記の内容を中心に紹介していきたいと思います。

RYO
RYO
SEO対策の中でも最も重要な要素なので必ず実践してみましょう。

内部リンクとは

リンクは、大きく分けて2つに分類することができます。

それは内部リンク外部リンクです。

内部リンクの例

このように、自分の記事内で関連する他の記事へ飛ばすリンクを内部リンクと言います。

それ以外にも、自分のサイト外へ飛ばすリンクを外部リンクと言います。

RYO
RYO
内部リンクは関連する記事を繋ぐパイプの役割をする事が分かったと思うので、次は具体的にどんな効果があるのかを見ていきましょう。

内部リンクを貼ることにより得られる効果

内部リンクで得られる効果
  • サイトに訪れたユーザーを関連記事に誘導できる。
  • クローラーの巡回量が増え記事が正しく評価される。
  • 過去記事には特に新しい記事へのリンクを貼ることで、その記事の評価が上がる。
RYO
RYO
内部リンクによる効果は大きのでやらない理由はないですね。

サイトに訪れたユーザーを関連記事に誘導できる

検索エンジンから訪れた読者に対して、更に関連性の高い記事のリンクを貼れば読者の回遊率を上げることができます。

RYO
RYO
内部リンクを貼ったサイト作りはユーザービリティのアップにも繋がります。

クローラーの巡回量を増やして記事の評価を上げる

内部リンクを記事内に貼った場合、クローラーはリンク先の記事も巡回します。


クローラーが巡回する量を増やすことにより、クローラーが持ち帰る情報量がアップするので、記事の評価を上げることにも繋がります。

クローラーが持ち帰った情報を基にGoogleは掲載順位を決めることになるので、より正当な評価を受けることができます。

RYO
RYO
劇的に掲載順位が上がる可能性は低いですが、積み重ねが大事だと思います。

過去記事には特に新しい記事へのリンクを貼ることで効果大

このように、新しい記事Dは記事を公開したばかりで掲載順位は低いです。

そこで過去に公開した記事Aなどの特に人気のある記事にリンクを貼ることにより、検索エンジンから流れてきたユーザーを記事Dに誘導させることができます。

アクセスが集まることで、ユーザービリティの向上だけでなく記事Dの評価を上げることにも繋がります。

RYO
RYO
過去記事の更新は少々面倒ではありますが、SEO効果がある以上定期的に行ったほうがいいでしょう。

内部リンクを正しく貼る方法

内部リンクの重要性を覚えてもらったので、いよいよ内部リンクを貼っていきましょう。

内部リンクを貼る際に意識しなくてはいけないことがひとつあります。

それは、「ユーザービリティを意識したリンク」です。

ユーザービリティを意識したリンクを貼ることで自然とSEO対策になります。

内部リンクの貼り方

▼WordPress編集画面の「リンクボタン」をクリックします。

▼右側の「歯車」をクリックします。

▼リンクの挿入/編集

  1. 内部リンクを貼りたい記事を選択します。
  2. リンク文字列に記事タイトルを入力します。
  3. リンクの追加」をクリックして内部リンクを挿入します。

 

▼このようにリンクが挿入されていれば完了です。

内部リンクについてのまとめ

内部リンクを最適化することにより、ユーザービリティの向上・SEO対策に繋がることが分かっていただけたかと思います。

まだされていない方は実践されてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
RYO
仕事漬けの毎日に嫌気がさして、ストレス解消の一環として始めた趣味ブログをキッカケに、ブログの世界にハマった男! 現在は、更に上を目指すべく日々奮闘中! ■フォローしてくれると嬉しいです■