画像加工

【Mac】画像の背景を透明にするならKeynoteが簡単でおすすめ

こんにちは、RYO(@ryo_channel_p)です。

アイキャッチ画像を作成するときに、こだわりたい人にとって、どうしても欠かせないのが、背景の透明化だと思います。

ワンポ
ワンポ
この画像の背景を自由に透明にできればもっと幅が広がるのに…

そんな時には、Macに初めから入っているアプリKeynoteを使って簡単に背景を透明にしてみましょう。

Keynoteがおすすめな理由
  • 操作がとても簡単
  • 作業時間が短くて済む

KeynoteはMacユーザーにしか使えませんが、とても簡単に背景を透明にできるのでおすすめです。

Keynoteで背景を透明にするために必要な注意点

Keynoteで背景を透明にする場合に注意して欲しいのが、背景色はなるべく統一されている素材を選ぶようにすることです。

背景色が統一されていない画像をKeynoteで透明化するには、非常に時間がかかるのでなるべく統一色の素材を選ぶのがポイントです。

その他にも、髪の毛など細かくて背景を透明にしにく画像を選ぶのもあまりおすすめできません。

これらに注意すれば、Keynoteでも十分綺麗に背景を透明にすることが出来ますので、これから順番に進めていきましょう。

Keynoteを使って背景を透明にする方法

ここからは、Keynoteを実際に使って背景を透明にする手順を説明していきます。

Keynoteを起動しよう

まず初めにKeynoteを起動するんですが、下の画像の赤枠部分のアイコンをクリックしてKeynoteを起動してください。

Keynoteをクリックすると、以下のような画面になるので、順番通りに進めていきます。

次に「ホワイト」→「選択」の順に進めていきます。

Keynoteの設定手順

Keynoteが起動したら、中央に「編集エリア」が2つあると思います。その編集エリアは使わないので選択して2つとも消してください。

※編集エリアを選択してバックスペースを押せば消せます。

「フォーマット」→「背景」→「塗りつぶしなし」の順に進めていきます。

※中央が黒くなったのを確認してください。

画像の背景を透明にしてみよう

画像を用意して黒いエリアの中にドラッグアンドドロップしてください。

(今回はこちらの犬の画像で説明していきます

右上にある「イメージ」→「インスタントアルファ」の順に進めます。

矢印のように拡大窓が出てくると思うので、こちらを動かして透明にしたい箇所に合わせます。

透明にしたい箇所をクリックしながら矢印の「0%」部分をカーソルを移動させながら数値を上げていきます。

※水色になっている部分は透明になる箇所です。数値が上がるほど範囲がより広がっていきますので、透明にしたい箇所がしっかりと入るまで数値を上げていきましょう。

数値を上げ過ぎると透明にしたくない部分まで選択されてしまうので、絶妙なバランスが大事になります。

グレーになっている部分は既に透明になった部分です。失敗してやり直したい場合は「リセット」をクリックすれば元に戻せます。

次にまだ透明にできていない矢印の部分も先程と同じように透明にしていきます。

【Before】

【After】

最後に編集が終わったら下のほうにある「終了」をクリックして完了です。

Keynoteで透明にした画像を保存しよう

「ファイル」→「書き出す」→「イメージ」の順に進めましょう。

フォーマットを「PNG」に変更して「次へ」を選択します。

※フォーマットは必ずPNG形式にしてください。PNG形式でないと透明化されないので注意が必要です。

名前を変更後に「書き出す」を選択して画像の保存は完了しました。

これで透明化の作業は全て完了しました。

背景の透明化まとめ

今回はKeynoteを使って背景を透明化する方法を紹介してきましたが、背景を透明にすれば画像作成の幅は広がりますね。

Keynoteで背景を透明化する場合、素材画像の背景色が統一されたものを選ぶ必要があるので少々デメリットですが、それさえクリアすれば非常に簡単に背景を透明にすることができるのでとっても便利です。

ブログのアイキャッチ画像作成にも使えるので、気になる方は是非使ってみてください。

他にも画像に矢印やモザイクなどを追加したい場合には、下記の記事を参考にしてください。

【Mac】ブログの画像に矢印やモザイクを追加できるSkitchの紹介Macの画像加工ソフト「Skitch」の使い方をまとめました。無料でダウンロード出来て操作も簡単なのでブログやSNSにも使えます。...
ABOUT ME
RYO
仕事漬けの毎日に嫌気がさして、ストレス解消の一環として始めた趣味ブログをキッカケに、ブログの世界にハマった男! 現在は、更に上を目指すべく日々奮闘中! ■フォローしてくれると嬉しいです■