雑記

LINEが266億円の赤字でピンチ!?今こそ本当に必要か考えてみた

こんにちは、RYOです。

なにげなくスマホでYahoo!ニュースを見ていた時に、ふと気になったニュースが目に止まった。

あの無料通話アプリLINEが、中間連結決算で最終利益266億円の巨額赤字だったそうです。

しかも、前年同期時には29億円の黒字だったアプリがいっきに266億円の赤字ってヤバくね?ってことで、みんなLINE無くなったら困るよね?困らない?

そんなこと考えたことなかったので、自分なりに考えてみました。

そもそもなんでこうなった?

どうやらスマートフォンの決済サービス「LINE Pay」で利用者拡大を狙った結果、マーケティング費が120億円増となり業績を圧迫したそうです。

120億円のマーケティング費っていえば、前年最終利益の約4倍にあたるので、当然LINE側は大ダメージですね。

ポイント還元費も大きく影響しているみたいですが、還元悪くなるとみんな他のPayに流れちゃう訳で、このまま行くとLINEが潰れてしまうのも時間の問題になってしまうかもしれません。

キャッシュレス化は当然便利で、今後どんどん進んで行くと思いますが、他のPayとのシェア競争が更に激化していけば、ちゃんと回収できる見込みがあるのかという所ですよね。

ましてや他社は強豪揃いなので引き際を間違えると一瞬で潰れてしまいそうです。

LINEは危険!?

そもそもLINEは韓国資本の会社が運営していて、前々からセキュリティーの脆弱性が問題視されていました。

芸能人のライン情報流出問題が記憶に新しいですが、現在の日韓関係からも「個人情報が悪用されないか?」「監視されていないか?」などネット上では個人情報流出について危険視する声も度々目にします。

こういった側面からも個人的には、LINEを使うことに本当に抵抗がある一人です。

でも、LINEはみんなが使っているから仕方なく使っている人も多いはず。これがデカイ

そもそも既読とかって始まった辺りから、めんどくせーなって思ってる人の方が多いと思うんだよね。相手が見たかどうかを確認しているかと思うと返さなければという使命感に襲われる。

それに拍車をかけるように登場したグループLINEとか、更にめんどくさい事しないでくれよって思ってしまうのはオッサン世代だけでしょうか。グループに誘われると断り辛いし、頻繁に鳴るのもめんどくさい

本当にLINEは必要なのか?

個人的には必要ない派だけど、先程も書いたように使い続けるしかないのかなと思います。

危険とは知りながらも使い続けるしかない理由は、やはり皆が使っているからに尽きますね。

会社、友人、知人、更には家族とまで連絡が取りづらくなってしまうほどLINEが浸透しているので、なかなか個人で止められないのが現状かも知れません。

早く日本の企業が安全な無料通話アプリを出してくれれば、それが一番良いんですけどねw

LINE Payについては、今後も使う予定がないので個人的にはどうなっても困りませんが、もし今後国家間で断交なんてことになったらLINE自体が日本で使えなくなる日が来るのかも知れません。

ABOUT ME
RYO
仕事漬けの毎日に嫌気がさして、ストレス解消の一環として始めた趣味ブログをキッカケに、ブログの世界にハマった男! 現在は、更に上を目指すべく日々奮闘中! ■フォローしてくれると嬉しいです■